2010年10月25日発行 第33号より

高額療養費制度Q&A

 静岡県立静岡がんセンターの「Web版がんよろず相談Q&A」に、いろいろな情報が掲載されていました。

がんになったら、多額の治療費がかかります。退院してからの化学療法や検査にも費用がかかります。

高額療養費制度Q&A

Q:申請は誰が?

A高額療養費の払い戻しを受けるには、原則として本人の申請が必要。

 

Q:申請場所は?

A国民健康保険の人は、払い戻し対象の場合、市町村から通知が郵送される。

  (通知書・保険証・印鑑・病院で支払った領収書・振込口座のわかるものを持参し、国保担当窓口へ。

健康保険の人は、通知はこないので、社会保険事務所などで申請が必要。

(詳細は、保険証に記載されている各保険者に問い合わせる)

 

Q:いつ頃、申請可能?

A医療機関にかかった翌月以降に申請。

 

Q:払い戻しの時期は?

A払い戻しの決定は、病院からの診療報酬明細書(レセプト)の審査を経てから行うので、約3カ月はかかる。

 

Q:入院時に高額療養費制度を利用したい

A

@    70歳以上の人は、窓口での支払いは、自動的に自己負担限度額分を上限に計算されているので、そのまま支払う。

A    70歳未満の人は、事前に申請した「自己負担限度額適用認定証」を窓口に提示すれば、自己負担限度分になる。(入院前に交付を受けておくこと)

〜静岡県立静岡がんセンターの「Web版がんよろず相談Q&A」から引用〜

topへ                            

NPO法人 周南いのちを考える会